ナースセンター

看護の日イベント

画像をクリックいただくとイベントサイトへリンクいたします。

1.趣旨

「看護の日・看護週間」事業では、

  • 府・市民に「看護」について考える機会を提供すること。
  • 看護のイメージアップを図り、「看護の心」を伝える。単に「白衣の天使」像ではなく、知識と技術を持つプロフェッショナルとしての看護の本質を伝えることを通して、ポジティブなイメージの看護職像を発信し、さらに人材の確保・定着につなげる。
  • 2021年度は2020年5月から続いている「NursingNow」を継続実施し、看護の心の普及に努める。

2.メインテーマ

3.看護の日展示イベント

『看護の心』普及事業として、京都市zest御池地下街で「看護の心」を普及する展示イベントを実施します

オンライン バーチャルイベント

4月から7月の期間中に、オンラインのバーチャルイベント「看護の日」を実施いたします。
「忘れられない看護エピソード」や「新型コロナウイルス感染症に対応した看護職のリレーインタビュー」などを公開いたします。

看護の日 展示イベント

zest御池地下街で、「看護の心」を普及するためのイベントを実施します
※緊急事態宣言発令のため、河原町広場のイベントは中止となりました。
 寺町広場での展示イベントは、日程を変更し今後実施する予定です(実施日程につきましては、現在検討中です)

河原町広場 :5月8日 バーチャルイベント内で公開予定の動画を一部公開予定です。他にも歴史白衣のミニチュアサイズなどの展示をします
寺町広場:5月8日~5月14日「忘れられない看護エピソード集」のパネルやコロナ禍で働く看護職の写真などを展示します

4.主催

「看護の日」事業実行委員会
京都府 京都市 公益社団法人京都府看護協会 京都府看護学校連絡協議会

各種DL資料

ページトップ