公益社団法人 京都府看護協会

文字サイズ
標準 拡大

教育計画

  • HOME
  • から
  • 教育・研修
  • から
  • 「訪問看護e-ラーニング」を活用した訪問看護研修ステップ1
ナースセンター事業

「訪問看護eラーニング」を活用した訪問看護研修ステップ1
〔京都府委託事業〕

実施要項

目 的 超高齢社会となった我が国では、医療ニーズを併せ持つ要介護者等が増加し、医療機関からの早期退院による在宅ケアへの移行が進められている。地域包括ケアシステムの構築では、要のサービスとして訪問看護への期待がますます高まっている。「訪問看護eラーニング」は社会のニーズに応じて、在宅での療養生活を可能にするために質の高い看護サービスを提供できる訪問看護師の育成を目的とする。
「新たな訪問看護研修カリキュラムステップ1」に準拠した「訪問看護eラーニング」と京都府看護協会での訪問看護師養成講習会(短期集合研修や実習)の組み合わせによって、受講者の利便性及び教育効果の向上を図る。
実施期間
平成29年620日(火)〜1218日(金)

1.「訪問看護eラーニング」訪問看護研修ステップ1における必須科目
(1)訪問看護概論、(2)訪問看護対象論、(3)訪問看護展開論、
(4)在宅ケアシステム論、(5)訪問看護技術論、(6)訪問看護管理論

2.スクーリング(開講式・閉講式、講義・演習、情報意見交換会 等)4日間
3.施設実習(通所施設、訪問看護ステーション、病院地域連携室or退院調整部)4日間
会 場
開講式、閉講式、情報意見交換会 京都府看護協会研修センター
講義、演習 (南部)京都府看護協会研修センター
(北部)京都府北部看護職支援センター
    京都府立看護学校
実習 京都府内訪問看護ステーション他
日程・会場 プログラム参照
南部プログラム   北部プログラム
受講要件 1.看護職実務経験3年以上の者。
2.今後、訪問看護を始めようとする者。または京都府内で訪問看護に従事して3年未満の者。
3.スクーリング全科目を修了可能な者で4日間の施設実習が可能な者。
4.賠償責任保険に加入しており、受講期間中の事故・災害等の自己責任をとれる者。
(但し、未加入の場合は、講習会受講者としての加入および保険料自己負担に応じること)
5.本人の電子メールアドレスがあること(携帯電話アドレスは不可)
6.パソコン推奨環境(表1)が整っており、パソコンの基本操作ができる者

7.京都府看護協会主催の「訪問看護eラーニング」を活用した訪問看護研修ステップ1」の修了者で、スクーリングと施設実習を希望し本研修の修了を希望する者。

8.日本訪問看護財団主催「訪問看護eラーニング」の修了者で、スクーリングと施設実習を希望し本研修の修了を希望する者。

※上記1.2の就業者は、所長または上司の推薦を必要とする。(但し、未就業者は自己推薦可)

定 員 北部10名 南部35名
受講料 無料
修了証 全科目(訪問看護eラーニング・スクーリング・施設実習)終了者には、訪問看護養成講習会(訪問看護研修ステップ1)の修了証を発行する。
申込方法 別紙「受講申込書」に必要事項を記入し、看護職免許証の写し(A4サイズに調整)を同封した上で、封筒に「訪問看護研修ステップ1 受講申込書」と記載し、郵送または持参する。
受講可否返信用封用(長3封筒に施設名・担当者を記入、82円切手貼付)を同封する。
受講申込書

(受講要件7・8該当者)は、受講申込書と「訪問看護eラーニング修了証書」の写しを必ず同封すること

※メールアドレスとPC環境を確認するため下記の内容を体験、確認し次の内容でメールを受講申し込み時に、京都府ナースセンターにメールで連絡すること。

☆日本訪問看護財団のホームページ上の「訪問看護eラーニング」体験版が問題なく体験できること(音声・画像移項等)を確認。

メール送信内容 1)送信先 kyoto@nurse-center.net
2)件名 eラーニングについて(氏名)
3)本文 (1)氏名 (2)「訪問看護eラーニング」体験版は問題なく体験可能です。
申込期間 平成28年4月10日(月)〜5月19日(金)17時必着のこと
申込先
(問合先)
京都府ナースセンター
「「訪問看護eラーニング」を活用した訪問看護研修ステップ1」宛
〒604-0874 京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375 ハートピア京都7階
TEL(075)222−0316 FAX(075)222−0528
E-mail kyoto@nurse-center.net
その他

1.賠償責任保険未加入の場合は、講習会受講者として加入する。
保険料1,550円(予定額)を負担する。

2.学習に必要なインターネットの接続・通信料金、実習時の交通費、食事代、健康診断書等は自己負担とする。

(表1)<パソコンの推奨環境>

推奨OS Windows Vista(SP1以上)、Windows7、Windows8
※SPなしのVistaについては動作保障していない。

※Mac環境下での受講についてはOS Mac OS X 10.9、ブラウザ:Safari7.0での動作確認をしているがPCによっては不具合が生じる場合がある

メモリ 512MB以上
※Windows Vista、Windows7、Windows8の場合はMicrosoft社の推奨環境を参照のこと
モニター解像度 1024×768ピクセル以上
ブラウザ Internet Explorer7.0, 8.0, 9.0, 10, 11
※Netscape Navigator Chromeは推奨環境外となっている。
※Firefoxでは、正常に表示されない。

※Safari7.0での動作は確認しているが、使用のPC環境によっては不具合が生じることがある。受講にあたっては推奨環境に合致するバージョンのInternet Explorerの利用を勧める

プラグイン Adobe Flash Player10.0以上、Adobe Rerder9.0以上
Adobe FlashPlayer AdobeReader
通信速度 ブロードバンド環境(ADSLや光回線で下りの実行速度で2Mbps以上推奨)

※利用のインターネットプロバイダやNTT基地局との距離によっては正常に表示されない可能性がある。必ず体験版の動画が再生されることを確認のこと

【その他、注意事項】

※上記の推奨環境は予告なく変更される可能性がある。最新の推奨環境は日本訪問看護財団「訪問看護eラーニング」のホームページを参照のこと。

※「訪問看護eラーニング」内にはスライド部分の教材がPDFファイルで設定されている。
必要に応じてダウンロードして使用できる。

※なお、PDFファイルおよび「訪問看護eラーニング」修了証書を印刷する場合は、別途プリンターが必要となる。


  • HOME
  • から
  • 教育・研修
  • から
  • 「訪問看護e-ラーニング」を活用した訪問看護研修ステップ1
コンテンツここまで

お問い合わせサイトマップアクセス個人情報保護方針当サイトのご利用にあたって