公益社団法人 京都府看護協会

文字サイズ
標準 拡大

教育計画

継続教育の基本方針

教育理念
看護職は人々の生命の尊厳と権利を尊重し、多様化する保健・医療・福祉のニーズに柔軟に対応することが求められている。そのため、個々の看護職者は専門職として倫理的責任を持ち、科学的根拠に基づいた質の高い看護を提供するために、生涯にわたり更なる能力開発に努めなければならない
京都府看護協会は、継続教育の体系化を図り、看護職のキャリア開発と自律を支援することにより、職業倫理と資質の向上に努め、府民の健康と福祉の増進に寄与する
教育目的
  1. 看護専門職として継続的に研鑽し、変化する医療や社会のニーズに対応できる能力の向上を図る
  2. 看護専門職として、幅広いネットワークを構築するとともに関係職種と協働し、看護職の役割を発展させる能力の開発を図る
教育目標
  1. 安全かつ質の高い看護実践能力を高める
  2. 自己啓発の意識を高め、豊かな感性と人間性を養う
  3. チーム医療における看護職の役割を認識し、自律した行動力を養う
  4. 研究的・科学的思考ができる能力を養う
  5. 看護職に必要なリーダーシップを発揮できる能力を養う
  6. マネジメント能力を養う
コンテンツここまで

お問い合わせサイトマップアクセス個人情報保護方針当サイトのご利用にあたって