協会のご案内

会長挨拶

公益社団法人 京都府看護協会
会長 中島 すま子

新年のご挨拶

会員の皆さま、新年明けましておめでとうございます。

 新型コロナウイルス感染症はこれまでにない勢いで拡大し、その影響はますます計り知れない状況となっております。このような極めて緊迫した状況の中で、年末年始もなく、医療・介護・在宅等の最前線で、日夜看護に奮闘されている会員の皆さまの献身的な努力に、心から感謝し敬意を表します。

昨年は、新型コロナウイルス感染症との対峙の一年でした。新型コロナウイルス感染症の拡大・蔓延化は、保健医療の世界だけでなく、社会の仕組みや価値観を大きく変えました。災害のみでなく、新興・再興感染症に備えての日常的危機管理体制が必要な社会となったことを痛感しています。

私たち看護職は、看護ケアがこれまで通りに提供できない無力感や苛立ち、看護観の揺らぎ、看護師としての肯定感の低下等、負の影響を大きく受けました。しかし一方で、自らも感染への不安や緊張を抱えながらも使命感を持って、日々患者や利用者に最も身近なところで真摯にケアを提供している姿は、社会の看護に対する理解を広げました。看護の力や役割が改めて意識し評価される機会となったことも確かな事実です。

Withコロナ時代の今、看護に求められている「あらゆる場、あらゆる人に対する良質な看護の提供」を行うためにも、「Nursing Now 看護の力で未来を創る」のキャンペーンのもと、新しい看護のあり方を共に考えていきましょう。

 新型コロナウイルス感染症は、当然のことながら本会の事業も中止・縮小・変更を余儀なくされました。定時総会開催方法の大幅な変更をはじめ、上半期の研修や集客を伴うイベントを中止又は延期し可能な取組みを模索してきました。このため、上半期事業は当初計画とは大きく乖離することとなりましたが、下半期についてはオンライン研修・会議の導入、感染防止対策を徹底した研修や集客イベントに代わる啓発活動への取組み等、変化への挑戦のチャンスと捉え、この危機的状況を乗り越えるべく事業を進めております。また、新たに京都府委託事業「京都府新型コロナウイルス感染症軽症者等宿泊療養看護事業」や日本看護協会委託事業「地域の医療提供体制確保のための看護職員派遣調整事業」にも着手してきました。府民の健康を守り、医療機関や高齢者施設等で働く看護職の支援に向けて、最優先事業として新型コロナウイルス感染症対策に取組むと共に、地域包括ケアの推進、働き続けられる職場環境づくり、専門職としての資質向上、災害時看護支援体制の充実、看護基礎教育体制改革の推進の5つの重点事業に取組んでいきます。

重点事業の一つである地域包括ケアの推進では、地域住民が最期まで“その人らしく生ききること”を支える地域づくりをめざした取組みを引き続き進めます。さらに新事業として、健康長寿の地域づくりをめざし、新たな看護上の地域課題の共有や地域特性に応じた看護の提供方法を検討する看護職ネットワークの構築に取組みます。具体的には、①訪問看護提供体制の強化に向けた「訪問看護総合支援センター設置」への検討、②医療的ケア児の円滑な在宅療養移行に向けた看・看連携体制整備検討会の立ち上げ、③南丹地域の入退院支援体制の構築、④地域における看・看ネットワークの構築、⑤専門性の高い医療・看護の提供が必要な患者の在宅療養支援に向けての検討等を進めていきます。

これらの重点事業を推進するためには、協会組織の母体となる会員体制を強化し、役員、委員会、地区会議、個々の会員の協力体制のもとに事業を遂行することが不可欠となります。府民から信頼される専門職の職能団体として活動するためにも、会員数の増を始めとした組織強化に向けて、皆様のご協力をよろしくお願いします。

 

 今年の干支は「辛丑(かのとうし)」。

「辛」は、痛みを伴う幕引きを意味し、「丑」は発芽直前の芽が種子の硬い殻を破ろうとしている状態で命の息吹を表しており、辛いことが多い分だけ、大きな希望が芽生える年になることを示しているそうです。今後も辛い日々は続きそうですが、その分、大きな希望が持てる年となることを信じて、共に歩んでいきましょう。      

令和3年が、本会と会員の皆さまにとりまして、新たな飛躍の年になりますことを祈念しております。

令和2年度重点事業

  1. 地域包括ケアの推進
  2. 働き続けられる職場環境づくり
  3. 専門職としての資質の向上
  4. 災害時看護支援体制の充実
  5. 看護基礎教育体制改革の推進

各種DL資料

ページトップ